2009年1月29日木曜日

ブラックバス循環


 トウモロコシなど輸入穀物の値上がりが続くなか、琵琶湖の外来魚、ブラックバスブルーギル養鶏飼料の原料として注目されている。生態系を乱す厄介者扱いだが、栄養価が高く、大量に調達できる点が歓迎され、一風変わった「地産地消」の試みが動き出した。

(中略)

 これまでは原料の多くを輸入の大豆やトウモロコシに頼ってきたが、世界的な穀物高でこの2年間でエサ代は約1.3倍に上昇した。農林水産省によると、輸入トウモロコシなどでつくる配合飼料の価格は、06年9月に1トンあたり約4万3千円だったのが、昨年9月には約6万5千円まで値上がりした。こうした穀物高に加え、魚粉の主原料になってきたイワシも漁獲量が減少し高騰している。

 外来魚の魚粉入り飼料も輸入穀物よりまだ5割高で安くはないが、組合の西田敏代表理事は「従来の飼料を与えたニワトリより肉に臭みが少ない。琵琶湖の外来魚がエサだという意外性にも反響がある。琵琶湖の漁師が喜んでくれるのなら一石二鳥だ」と話す。

 安定した供給が期待できることも追い風だ。滋賀県水産課によると、琵琶湖には約1600トンの外来魚が生息し、琵琶湖の固有種でフナずしに使われるニゴロブナなどの漁獲量を激減させてきた。県が補助する県漁連の外来魚駆除事業では、漁師らが毎年400~550トンを捕獲する。かつては埋め立て処分していたが、99年からは魚粉に加工し、販路を探ってきた。

外来魚に悩まされている湖水は多いことと思います。食べればいいのですが、どうもウケが良くありません。しかしこれを鳥の餌に加工すれば輸入飼料に依存する割合を減らすことができて一石二鳥です。鶏糞を肥料にすれば一石三鳥。特に、植物の生育に必須な三大栄養素の一つである リン は、放っておけば溶出するだけなので、常に土壌に補給してやらねばなりません。ところがリン肥料の原料となっていたリン鉱石は世界的に枯渇してきており、生産国では輸出制限の対象となってきています。自国の食糧生産のほうが大事ですから。このような状況なので、これまでのようにリン肥料が使えなくなることが予想されています。ではどのようにリンを確保すべきか。溶出したリンは最終的には河川から海に至ります。昔から日本では魚肥が使われていましたが、これは溶出したリンを回収し再循環させる仕組みでした。湖水の外来魚を鳥の飼料にする。その鳥の糞を畑の肥料にする。そうすればリンの循環が成立します。持続可能な農業生産の一環としても、この琵琶湖の試みは注目すべき試みであるといえましょう。

ところで循環するのはリンばかりではありません。もしも琵琶湖が化学物質や重金属(例えば水銀)で汚染されたら、それもまた循環の輪に入っていきます。持続可能な循環型社会は、物質の拡散と循環という側面をも持ちます。循環型社会であればこそ、いっそう物質循環には注意を払い、厳密に監視していく必要があります。

2009年1月27日火曜日

日英同盟

かつて日英同盟という関係がありました。日本にとってもイギリスにとっても初の国際同盟で、これは互いにとって非常に有意義なものであり、当時体力不足だった日本にとっては大いに助けられました。

日英同盟(にちえいどうめい, The Anglo-Japanese Alliance)は、明治時代後期に結ばれた日本とイギリスとの間の軍事同盟。第一次日英同盟は1902年(明治35年)1月30日に調印され即時に発効した。その後、第二次(1905年)、第三次(1911年)と継続更新され、1923年8月17日に失効した。第一次世界大戦終了時までの間、日本の外交政策の基盤となった。

イギリスは、義和団事変以来満州から撤兵しないロシアを牽制したいと考えていたが、イギリス単独ではイギリスの中国における利権の維持にあたるには限界があった。そこで、それまでの「栄光ある孤立」政策を捨て、まずドイツとの交渉を試み、その後義和団事変で活躍した日本に接近した。日本では、伊藤博文や井上馨らがロシアとの妥協の道を探っていたが、山縣有朋や桂太郎、加藤高明らはロシアとの対立はいずれ避けられないと判断してイギリスとの同盟論を唱えた。結果、日露協商交渉は失敗し、外相小村寿太郎の交渉により日英同盟が締結された。調印時の日本側代表は林董特命全権公使、イギリス側代表はペティ=フィッツモーリス外務大臣であった。

第一次日英同盟における内容は、締結国が他の1国と交戦した場合は同盟国は中立を守り他国の参戦を防止すること、2国以上との交戦となった場合には同盟国は締結国を助けて参戦することを義務づけたものである。また、秘密交渉では、日本は単独で対露戦争に臨む方針が伝えられ、イギリスは好意的中立を約束した。条約締結から2年後の1904年には日露戦争が発生した。イギリスは表面的には中立を装いつつ、諜報活動やロシア海軍へのサボタージュ等で日本を大いに助けた。
(中略)
大戦後の1919年、パリ講和会議で利害が対立し、とりわけ、国際連盟規約起草における日本の人種的差別撤廃提案が否決されたことは禍根として残り、1921年、国際連盟規約への抵触、日英双方国内での日英同盟更新反対論、日本との利害の対立から日英同盟の廃止を望むアメリカの思惑、日本政府の対米協調路線を背景にワシントン会議が開催され、ここで、日本、イギリス、アメリカ、フランスによる四カ国条約が締結されて同盟の更新は行わないことが決定され、1923年、日英同盟は拡大解消した。

さらに詳しい説明はこちら

四カ国条約(しかこくじょうやく)とは、1921年のワシントン会議において調印された条約。
アメリカ合衆国・イギリス・フランス・日本が、太平洋における領土と権益の相互尊重と、諸島における非軍事基地化を取り決めた。この条約により日英同盟は解消され、日本は孤立化へと追いやられ、後の日米対立、日英対立の布石となっていく。
ワシントン会議(ワシントンかいぎ、1921年11月12日 - 1922年2月6日)とは、第一次世界大戦後にアメリカ合衆国大統領ウオレン・G・ハーディングの提唱でワシントンD.C.で開かれた国際軍事会議。
(中略)
アメリカ合衆国における初の国際会議であり、歴史上初の軍縮会議となった。国際社会の主導権がイギリスからアメリカに移った会議としての意義がある。

ワシントン会議におけるアメリカの目的は日本の封じ込めと権益解放。イギリスとの緊張回避です。
イギリスの目的はアメリカとの衝突回避と権益の維持(日本への牽制)。
日本の目的は有利な条件での軍拡競争制限と、権益拡大の承認といえましょう。

しかし、日本の暗号電が傍受されていたことから、アメリカ有利な条件で条約は締結されました。その結果、日英同盟は解消され、日本vs米・英という構図に転換していきました。

現在、日本はアメリカと日米安全保障条約を結んでおりますが、どうも日米安保解消の動きがあるようです。日英同盟を巡る各国の思惑を現在の日米安保に置き換えてみましょう。その場合、当時のアメリカに相当するのは中国ですね。

中国の目的は日本の封じ込めと権益(技術)解放、アメリカとの緊張回避です。
アメリカの目的は中国との衝突回避と権益の維持(日本への牽制)。
日本の目的は........何も考えていない。

と、当時より不利な状況にあります。米中両勢力が食い込んでいる一方で当の日本自身が利権に麻痺した依存体質であるという、日本自身の問題ですが。

もしも、日米安保解消となれば、どうしたらよいか。日本の周りにはアメリカ、中国、ロシア、(北朝鮮)と、核保有国があります。四方を核保有国に囲まれているという状況です。日米安保が解消されれば日本は核の脅威にさらされます(有事の際に本当に日米安保が機能するのかという議論はありましょうが)。「日米安保がなくなるんなら中国と仲良くすればいいじゃないか」という意見はあるでしょう。これだと中国に事大して護ってもらう(本当に護ってくれるのか保証の限りではありませんが)。その代わり日本の権益(技術)を全部差し出すという流れになりましょう。冊封ですね。まず、脅威となる相手に自ら擦り寄ることで緊張を回避しようという姿勢ではろくな事はありません。ではロシアと組むか。北朝鮮と組むか。いや、そこで第四次日英同盟ですよ。日本の提供できるものと必要とするもの、イギリスの提供できるものと必要とするものは相補的です。海洋国家同士ですし。

2009年1月26日月曜日

咳エチケットしてますか?

厚生労働省は、平成20年度のインフルエンザ総合対策として、「咳エチケット」の普及に力を入れるようです。

平成20年度
今冬のインフルエンザ総合対策について

今年度の標語
<あ、その咳、そのくしゃみ~咳エチケットしてますか?~

はじめに

本年度のインフルエンザ総合対策については、2008年11月14日をキックオフデーとし、<あ、その咳、そのくしゃみ~咳エチケットしてますか?~>という標語を掲げ、国及び都道府県、指定都市、保健所を設置する市及び特別区(以下「都道府県等」という。)は、今冬のインフルエンザ対策に取り組んでいくこととしました。




これは、今年の冬のインフルエンザに限ったことではありません。これから先のインフルエンザ、インフルエンザ以外の飛沫感染性呼吸器感染症に広く当てはまります。もちろん想定される新型インフルエンザにも。

感染拡大を防ぐには感染ルートにいかに阻止するか、そしてウイルスに曝露する機会と曝露量をいかに減らすかが重要となります。ところが風邪様症状があるにもかかわらず遠慮会釈なく大きなくしゃみをしている人もいるのが実情です。伝染らない工夫も大事ですが、伝染さない努力も必要。

風邪のシーズンは風邪をひいている人はもちろん、ひいていない人もマスクを心がける。咳やくしゃみをする場合は人のいる方向から顔をそらす。ということが、あたりまえのエチケットとして定着することが必要です。そうすることで人々の防疫意識を高め、それが次の対策に繋がっていくようソフトに啓蒙しようという意図があるのではないでしょうか。このキャンペーンは(新型インフルエンザをも念頭に置きつつ)感染拡大予防についての市民教育なのだろうと思います。

2009年1月25日日曜日

サルカールの社会サイクル論(書きかけ)

 プラブハット・ラジン・サルカールはインドの哲学者であり思想家であり、ヨガや様々な社会活動の指導者です。英語読みのサーカーのほうが一般的かもしれません。彼の思想はネオヒューマニズム哲学、社会サイクル論(社会周期説)、進歩的活用理論(プラウト理論)などで知られております。彼を師と仰ぐ一人にラビ・バトラ氏がいます。

 ここではサルカールの社会サイクル論(社会周期説)を、政体循環論と絡めて述べてみます。

 サーカーは、人間には4つのタイプがあり、それぞれに特徴的なメンタリティを持つ。その異なる特質を持つ人間が、順に主導権を交代しながら社会は循環しているというのが、サーカーの主張である。その4つのメンタリティとは、シュードラ(庶民)、クシャトリア(勇者)、ヴィプラ(智者)、ヴァイシャ(富者)とである。日本語訳は訳者によって様々であるが、ここでは上記のように表すこととする。

 シュードラ(庶民)は日々の生活に追われ、食べるのに精一杯で視野が狭くなっており、長期的な社会的利益より直近の個人的利益が優先されがちである。庶民は日々の脅威に生存を脅かされており、その心理の基本は恐怖と依存である。

 クシャトリア(勇者)は勇敢に行動し、困難に挑み、達成し、征服することを楽しむタイプである。その心理の基本は挑戦と達成であり、行動と力をもって世界を支配する。強い武力を持ち周辺を支配して国を興すのはこのタイプだ。善き勇者が行う政治は君主政治である。しかし、戦時には覇を争い活躍する勇者も平時になれば輝きを失いがちとなり、また名君たり得ない者が君主制を行えば民衆に恐怖と苦痛を強いる独裁政治となる。そこでしばしば宰相たちが執権を代理するようになり貴族政治となる。

 ヴィプラ(智者)は万物を知り、考え、統制することに満足を感じるタイプである。その心理の基本は好奇とと法則であり、機知と操作をもって世界を支配する。独裁制を打倒あるいは代理した智者達は組織を整備し、法秩序をもたらし貴族政治を行う。しかし、新たな秩序の創造という理想に燃えた智者も日常が自転しはじめると目的が卑近なものとなり、権力闘争や保身に腐心する者が貴族制を行えば硬直化した少数の利益のための寡頭政治となる。そこに財を貯えた商人が接近し、財力によって影響を及ぼして、貴族以外にも政治参加の門戸を拡大せしめて民主制をもたらす。

 ヴァイシャ(富者)は節約し、貯え、巨大になることを喜びとするタイプである。その心理の基本は貪欲と利益であり、財力と欲望によって世界を支配する。寡頭制を打破し、民衆の政治参加を拡大して民主政治を達成する。しかし、民衆が政治に参加するようになると財力のある富者が政治に進出するようになり、自らの利益のために政治を利用しようとする。財のある者がよりいっそう力を強めることから、民衆は競って財を求め、富者による不正が横行し、社会は腐敗して衆愚政治と堕す。社会は利己的な欲望で満ち、やがて無秩序の混乱の中に溶解してゆく。そこでその混沌の中に勇者が出現し、これを平定して混乱を収束させ君主制を打ち立てる。

 とりあえず、多少強引な感はありますが、サルカールの社会サイクル論とポリュビオスの政体循環論をミックスして描いてみました。

2009年1月24日土曜日

鳥インフル地図、更新しました

中国、鳥インフルで女性死亡 今年4人目
【1月24日 AFP】中国国営の新華社(Xinhua)通信は24日、中国北西部の新疆ウイグルXinjiang Uighur)自治区で31歳の女性が強毒性の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染して死亡したと伝えた。今年に入ってからの鳥インフルエンザによる死者数は4人となった。
 女性は
家禽市場を訪問した後10日に発症し、23日に死亡した。新華社通信が地元保健当局の話として伝えた。検査でH5N1型のウイルスに感染していたことが確認された。
 中国ではこの女性を含め過去1週間で3人が鳥インフルエンザで亡くなっている。13億人の中国人の多くが外出し、家禽類の料理を大量に消費する春節(旧正月、
Lunar New Year)が来週に迫っていることから、鳥インフルエンザの感染拡大への懸念が高まっている。(c)AFP
最近、この話題での更新ばかりで恐縮です。「家禽市場を訪れ」というのですが、どの程度の接触なのでしょう。もし訪れただけで感染なら怖いのですが、そうならそうで、それだったら案外、表に出ないだけで感染して治った人や不顕性感染の人もいるんじゃないでしょうか。

2009年1月20日火曜日

極めて注意深く

鳥インフル、今年3人目の死者=重体女児の母親も死亡-中国

 【北京20日時事】新華社電によると、中国貴州省で鳥インフルエンザに感染し、重症となっていた少年(16)が20日、湖南省の病院で死亡した。中国での鳥インフルエンザによる死者は、今年に入って3人目。
 また、同日付の中国紙・第一財経日報は、鳥インフルエンザに感染して重体となり、
山西省の病院に入院した女児(2)の母親が今月上旬、肺炎で死亡していたと報じた。高病原性鳥インフルエンザの重症患者は肺炎などの症状が表れるとされるが、母親が感染していたかどうかは確認できないという。中国当局の発表では、女児の母親が死亡していたことに触れていなかった。


これは、鳥インフルエンザ感染の集団発生例の可能性であり、かつ、ヒト-ヒト感染の可能性があります。仮にヒト-ヒト感染であれば、レベル4に引き上げられる事態です。安易にパニックを煽らぬよう気をつけながら、極めて慎重に推移を見守りたいところです。

しかし、今年にはいっての中国でのH5N1鳥インフルエンザ発生は極めて異例の多さです。しかも発生場所が中国全土に渡って点在しています。養鶏所とかでの発生ではないので、もはや流通している水禽・家禽類には広く常在している状態なのかもしれません。貧困や難民など人の移動が混乱に拍車をかけるおそれがあります。


下記の地図にプロットを追加しました。確定ではありませんが、ヒト-ヒト感染の可能性ということで赤色印。

2009年1月19日月曜日

鳥インフルエンザ報道の地図

2008年以降の報道を地図上にプロットしてみました。
決して全ての事例を網羅しているわけではないので、報告例の一部にすぎません。

【凡例】
青色] 家禽などの感染が確認された事例
緑色] 人への感染が確認された事例
黄色] 人の集団感染が疑われる事例
赤色] 人から人への感染が疑われる事例
紫色] H5N1以外の鳥インフルエンザ事例 
 

2009年1月17日土曜日

物々交換市

PTAのお父さんお母さん。子供会の役員のみなさん。
PTAの親子レクレーション企画や、地域の子供会の行事に、こんなのはいかがでしょう。

物々交換市

子供の持ち物やそれぞれのご家庭で、交換に出してもいいかなと思う物をもちよって、物々交換をするのです。その際の注意点は「お金を使わない」こと。バザーとかフリーマーケットと似ていますが、あえてお金を介在させないところがミソ。物と物を交換するのです。アレをゲットするにはコレをあげなくちゃいけない。それは得なのか損なのか。お金では計れないのが悩ましいところ。誰かを間に入れて三角トレードしてみたらどうだろう。物の代わりにモノマネをしてみせる。いいコト教えてあげる。さぁ工夫しましょう。

これは、お金が無くても交換できることの練習です。

2009年1月15日木曜日

まんとくんのうた♪


来年、2010年は平城遷都1300年にあたります。
奈良県では「平城遷都1300年祭」が催されますが、このマスコット・キャラクターの選定にあたってはいろいろといきさつがあったようですが、「せんとくん」「なーむくん」に続く第3のキャラクターとして、2008年6月に「まんとくん」が誕生しました。((C) まんとくんネット

奇しくも、平城遷都1300年にあたる来年2010年は、現実世界もまた遷都します。
いみじくも「まんとくんのうた♪」の歌詞内容が現実世界の遷都とよく重なりますので御紹介します。


そらとぶまんと まんとくん じかんをこえて とんできた
すてきなみらいを つくるため みんなでちえを だしあおう
やまんとまんと まんとくん どんとどんと どんとこい

あかいぼうしの まんとくん じだいをこえて やってきた
とおいむかしに まなんだら かしこいちえが わいてくる
やまんとまんと まんとくん どんとどんと どんとこい

しかのひづめの まんとくん のやまをこえて かけてゆく
ないてるこどもに やさしくて おとしよりには しんせつさ
やまんとまんと まんとくん どんとどんと どんとこい

きいろいからだの まんとくん ときのかなたを みつめてる
あかしんどうに なるまえに みどりのちきゅうを まもるため
やまんとまんと まんとくん どんとどんと どんとこい

つのはすてきな アンテナさ みんなのこえを ききながら
しあわせはこぶ ほうほうを いっしょけんめい かんがえる
やまんとまんと まんとくん どんとどんと どんとこい

みんなのみかた まんとくん じくうをこえて がんばるぞ
とおいみらいへ うつくしい おもいではこぶ まんとくん
やまんとまんと まんとくん どんとどんと どんとこい
なんとなんと なんとか いいせかいを つくろう!

作詞:寮美千子  作曲・歌:清田愛未

2009年1月1日木曜日

新年にあたり

新年 明けまして おめでとうございます。

天皇陛下の新年の御言葉をご紹介します。
----------------------------------------------------------------------------------------
昨年は,台風の上陸もなく,自然災害による犠牲者の数は,例年に比べれば少なかったのですが,岩手・宮城内陸地震及び岩手県沿岸北部を震源とする地震によって,山間部に大きな被害がもたらされ,人命が失われたことは痛ましいことでした。日本の厳しい自然のもとでは,皆が防災に対する認識を更に深めることが大切であると思います。

  また,秋以降,世界的な金融危機の影響により,我が国においても経済情勢が悪化し,多くの人々が困難な状況におかれていることに心が痛みます。国民の英知を結集し,人々の絆を大切にしてお互いに助け合うことによって,この困難を乗り越えることを願っています。

  今年は,私が即位してから満20年,そして,私どもが結婚してから満50年にあたりますが,歳月の流れにいろいろと思いを致しております。皇后と共に,これからも,国と国民のために尽くしていきたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------

今年は昨年以上に世情の荒廃は顕著になるものと思われます。防災の備えは、恐慌やパンデミックなど様々な混乱にそのまま役に立つものです。普段からの防災意識と備えを心がけたいものです。そのためには智慧と工夫も大事になります。また、災害時には一人でできることには限度があります。人と人との助けあいこそ必要なことであり、そのためにも普段から人との繋がりを大事にしておきたいものです。身の回りを見直し、智慧を出し合い、人との繋がりを大事に、この難局を乗り越えてまいりましょう。