2009年7月13日月曜日

都議選の結末~江戸城炎上

東京都議会議員選挙で、民主党が第一党となり、自民公明の与党連合の議席は過半数を割りました。自民・共産などが議席を減らす中、民主党が議席を伸ばした格好です。投票率も投票時間ギリギリで伸びを見せ、これまで投票していなかった人の行動がこの結果を生んだと見ることができます。
この結果を受けて慌てている様子なのが、この人。
 東京都の石原慎太郎知事は13日、報道陣に対し、都議選で与党の自民、公明両党の獲得議席が過半数を割ったことについて「国の総選挙の前相撲にされてしまった。東京にとっては大変迷惑な結果」と不満をあらわにした。
(2009年7月13日13時06分 読売新聞)
まぁ、いろいろと宜しくないのでしょうね。
ところで与党逆風の中、公明党は議席を伸ばしています。測ったかのように絶妙な立候補者配置と配票。公明党の選挙参謀は相当に優秀ですね。見事なものです。次の総選挙でも、この見事な選挙戦略が生きるのでしょうか。
麻生総理が解散を決断したようで、衆議院選挙は8月30日投開票になるようですよ。これって、鼬鼠の最期っ屁か?
ブログランキング・にほんブログ村へ
【メルマガ購読】
秋月便り
 

0 件のコメント: