2009年6月19日金曜日

【リバタリアンとは】 ディオニューソス~リーベル


ディオニューソス (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
ディオニューソスはギリシア神話に登場する豊穣ブドウ酒酩酊の神である。この名は「若いゼウス」の意味(ゼウスまたはディオスは本来ギリシア語で「神」を意味する)。オリュンポス十二神の一人とされることもある。
日本語では長母音を省略してディオニュソス、デオニュソスとも呼ぶ。
神話
ゼウスとテーバイの王女セメレーの子。ヘーラーは、夫の浮気相手であるセメレーを大変に憎み、彼女をそそのかして、雷電を持つ 神本来の姿のゼウスと会わせ、その光輝で焼死させてしまう。このため、まだ胎児だったディオニューソスはヘルメースにより取り上げられ、ゼウスの腿の中に埋め込まれ、臨月がくるまで匿われたという。
生まれてすぐヘーラーに追われる身となったディオニューソスは、ギリシアやエジプト、シリアなど、地上で長い間逃亡生活を送り、その間にブドウ栽培などを身につけてこれを伝え、民衆の支持を得る。また、自分の神性を認めない人々を狂わせたり 動物に変えるなどの力を示し、神として畏怖される存在ともなった。
エウリーピデースの悲劇『バッコスの信女』の中では次のような物語がある。テーバイの王ペンテウスは、従兄弟であるディオニューソスの影響を憂いて、信仰を禁止し、彼を捕らえようとする。しかし、ディオニューソスは市中の女性達を帰依させ、山中でペンテウスを殺させる。そのディオニュソスの狂信女たちの中には、ペンテウスの母親もいた。
こうして熱狂的な信者を獲得し、世界中に自分の神性を認めさせたディオニューソスは、死んだ母セメレーを冥界から救い出し、晴れて神々の仲間入りをしたという。
また、次のような神話もある。ゼウスは実の母レアーと交わりペルセポネーを産ませた。そして、蛇に化けてペルセポネーに近づき、跡継ぎとしてザグレウスを産ませた。(ザグレウスは単にデーメーテールとの間に産まれた子という説もある)ところが、ザグレウスは嫉妬に狂ったヘーラーが仕掛けたティーターン族に襲われ、数々の動物に変身して闘うも牛になったとき捕らえられ、八つ裂きにされ食われてしまった。アテーナーがその心臓を救い出し、ゼウスがこれを飲み込んだ。後に生まれたセメレーとの間の子の心臓は、本来ザグレウスのものであった。この神話はディオニューソスがかつて農耕神であったことを反映していると考えられる(→死と再生の神)。
ワインの伝来については、次のような神話がある。各地を遍歴したディオニューソスはアテーナイの近くイーカリアー村で農夫イーカリオスのもてなしを受けた。イーカリオスは返礼として葡萄の栽培と、ワインの製法を伝授された。イーカリオスは出来上がったワインを山羊皮の袋に入れ、村人たちにふるまったが、初めて飲む酒に村びとは興奮、毒を盛られたと誤解してイーカリオスを殺害してしまった。その死体を見た娘エーリゴネーは悲嘆の余りその場で首を吊った。事の次第を知ったディオニューソスは怒り、村の娘全員を狂気に陥らせ、集団縊死に及ばせた。やがて誤解と知った村人たちの手で哀れな父と娘は供養され、ここにディオニューソスの怒りも収まり、同地は葡萄の産地として名を知られるようになった。
信仰
本来は、集団的狂乱と陶酔を伴う東方の宗教の主神で、特に熱狂的な女性信者を獲得していた。この信仰はその熱狂性から、秩序を重んじる体制ににらまれていたが、民衆から徐々に受け入れられ、最終的にはディオニューソスをギリシアの神々の列に加える事となった。
この史実が、東方を彷徨いながら信者を獲得していった神話に反映されている。またザグレウスなど本来異なる神格が添え名とされることにもディオニューソス信仰の形成過程をうかがわせる。
とはいうものの、実際にはミケーネ文明の文書からゼウスやポセイドーンと同様にディウォヌソヨという名前が見られ、その信仰はかなり古い時代までさかのぼる。ギリシア人にとっては「古くて新しい」という矛盾した性格を持つ神格だったようである。
アテーナイを初めとするギリシア都市ではディオニューソスの祭りのため悲劇の競作が行われた。
ローマ神話ではバックス(バッカス)と呼ばれ、また豊穣神リーベルと同一視されている
哲学
フリードリヒ・ニーチェは、ディオニューソスを陶酔的・激情的芸術を象徴する神として、アポローンと対照的な存在と考えた(『音楽の精髄からの悲劇の誕生』もしくは『悲劇の誕生』)。このディオニューソスとアポローンの対比は思想や文学の領域で今日でも比較的広く知られており、「ディオニューソス的」「アポローン的」という形容、対概念は、ニーチェが当時対象としたドイツ文化やギリシア文化を超えた様々な対象について用いられる。
別名バッカス、即ち酒乱の神を祀る秘密儀式。森の中、裸の女たち(;バッコスの信女、マイナス)が牛や羊を寄ってたって襲い殺し、そのまま素手で解体していって、ナマで食べたもので、犠牲牛の前には幼児や人間なども食べていたものと推定される。それによって、永遠の生命が得られたのだし、ディオニュソスとオルフェウスの二重の再生/もしくは転生を意味し、後のサクリファイスやカニバリズムの原型と考えられるし、ユダヤ教のアダムが食べた「禁断の果実」とは「木の実」ではなくて、このような「肉食」(人肉)だったのではないかという研究も起こってきている。
Liber (From Wikipedia, the free encyclopedia)
In Roman mythology, Liber was originally associated with husbandry and crops, but then was assimilated with Dionysos. He is the consort of Ceres and the father of the goddess Libera. His festival, the Liberalia, was on 17 March when young men celebrated the arrival of manhood.
*Libera is also known as Liber's consort, wife.[citation needed]
liber 古代イタリアの葡萄酒の神、(Bacchus)バッカスと同一視された
libera 古代イタリアの葡萄酒、豊饒の女神、Liberの妻

ブログランキング・にほんブログ村へ
【メルマガ購読】
秋月便り
 

0 件のコメント: