2009年6月9日火曜日

きゃ


「~しなきゃ。」というのが口癖の人っていますよね。
あるいは「~しなくちゃ。」という言い方であるとか。
この「~しなきゃ」とか「~しなくちゃ」というのは、
「ねばならない」的思考の現れだろうと考えられます。

「きゃ」が口癖の人は物事をキチンとこなすタイプで、
信頼を得やすく評価されやすいという長所となります。
本人の中では常に義務のプレッシャーが掛かりやすく、
精神的に疲れやすいというデメリットもあるものです。

それと、行動原理が義務に基づくものに終始してると、
自らの考えに基づき自ら動くという練習になりません。
「私は言われたとおりにした」という言い訳を作って、
それ以上のトライを回避しがちになってしまうことも。

「~してみよう。」「~してやろう。」ということは、
判断や行動の責任を伴うためプレッシャーもあります。
だからこそ責任を負う覚悟を決める練習にもなります。
「~きゃ。」が多い時には「~しよう。」も忘れずに。

ブログランキング・にほんブログ村へ
【メルマガ購読】
秋月便り
 

0 件のコメント: