2009年6月3日水曜日

メキシコブタとエジプトトリのアメリケーヌ・ソース

__________引用開始__________
2009年05月14日
[カイロ 14日 ロイター] エジプトの中東通信(MENA)は、ナイル川デルタ地帯のシャルキーヤに住む4歳男児が、強毒性のH5N1型鳥インフルエンザに感染したと報じた。
 同国の鳥インフルエンザ患者はこれで70人目となる。アジア以外の国では最も感染者が多く、4月に入ってから10人の新規感染者が確認されている。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄引用終了 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________引用開始__________
2009年06月03日
【6月3日 AFP】エジプトのハーテム・ムスタファ・ガバリ(Hatem Mostafa al-Gabali)保健相は2日、国営テレビで声明を発表し、米国からエジプトに入国した少女(12)が新型インフルエンザA(H1N1)に感染していたことを確認したと述べた。世界保健機関(World Health Organization、WHO)によると、アフリカで新型インフル感染者が発生したのは初めて。
 この少女は1日、新型インフルエンザの症状がみられたため、カイロ(Cairo)の空港で保健当局によって隔離された。
 この少女は米国とエジプトの国籍を持っており、エジプトで夏を過ごすため母親とともに入国した。母親を含む同じ航空機の残りの乗客に感染者はいなかったという。
 エジプトは入国者の検査を強化しており、ガバリ保健相によるとこれまでに50万人以上を調べたという。同保健相は、感染拡大を防ぐため、サウジアラビアへのイスラム教の巡礼を延期するよう国民によびかけた。
 アラブ諸国で最大の人口をもつエジプトは新型インフル予防のため、推定25万頭のブタを殺処分することを決めた。WHOは極端な対策に科学的な意味はないとしているが、これまでに15万頭以上を処分し、その大半が有害廃棄物処分場に埋められたと報道されている。(c)AFP/Samer al-Atrush
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄引用終了 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
エジプトはH5N1トリインフルエンザの好発地。もはや風土病化していると思います。そこに新たにH1N1新型インフルエンザが参戦。今回は空港で隔離されたそうだけど、うかうかできませんね。
それにしても「アメリカからの旅行者…」とか「アメリカ帰りの…」とかが多い。
世界中に輸出しているのはアメリカなんじゃないの? 流行のソースはアメリカでしょ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
【メルマガ購読】
秋月便り
 

0 件のコメント: