2009年5月2日土曜日

慣性の法則

外力を受けない時、その物体の運動状態は変わらない。
静止した物体はそこに力が働かなければ静止を続ける。
運動する物に力が働かなければ等速直線運動を続ける。
質量が大きいほど力を加えても生じる加速度は小さい。
つまり自重の大きなものほど動きにくく止まりにくい。

タンカーは舵をきっても方向を変えるに時間がかかる。
荷物が増えれば増えるほど引っ越はししたくなくなる。
家族を抱えるお父さんほど決断にエネルギーが必要だ。
巨大利権構造は破綻が目に見えていても変えられない。
気付いても止められずに絶望的な日常が自走してゆく。

巨大なのにサッと方向を変えられるのはなんでしょう。
それは鰯の群れ。(えっ?反則?)
彼等は巨大なマスでありながら瞬時に方向を変えます。
群知能と集合知は違いますが集合知ならなおさらです。
巨大な衝撃力を持ちながら同時に俊敏な機動力を持つ。

【メルマガ購読】
秋月便り

0 件のコメント: