2009年5月30日土曜日

ゲーム「将軍戦記!」(仮)~ストーリー


半島の基部に位置する超選民主義国家コーライン。それを率いる不屈の将軍ゲルトリヒトは、貧困と飢えに苦しむ民衆を救い、悲願である半島統一を成し遂げるという宿願を持っていた。しかし、背後に広がる巨大国家チューカー帝国に最愛の息子を人質に取られ、また、横暴を極めるメリケニア帝国やその植民地イルボニアの奸計によって食糧や物資の流入が断たれ、コーラインは崩壊の危機に瀕していた。
そんな中、起死回生千載一遇のチャンスが訪れた。コーラインの科学者は超破壊兵器「ダンクンの雷(いかずち)」の開発に成功したのだった。強烈無比な神の力を得て、今、コーライン存亡の戦いが始まる。はたしてゲルトリヒトは祖国を苦境から救い、忌まわしいメリケニアやイルボニアに正義の鉄槌を下すことができるのか!?

超選民主義共和国・コーライン
半島の基部に位置し、半万年の栄光の歴史を有する誇り高き正義の国。一世紀程前、歴史の混乱の中でイルボニアに併合された屈辱の歴史を持つ。周囲を狡猾な敵国に囲まれ不当な迫害を受けている。国家元首は栄光将軍ゲルトリヒト。

大ハングリア
半島端部に位置するメリケニアの傀儡国家。もともとコーラインとは一つの国だったが、イルボニアから名誉の独立を勝ち取る際に分断され、略奪された領土に建国された人工国家。国家元首は大統領イミオンバック。

植民地・イルボニア
半島の沖合にある島国。度々半島を侵略しようと狙ってきた狡猾な国。一世紀前に政治的空白に乗じてコーラインを併合した忌まわしき国。その後メリケニア帝国に破れ、今ではその植民地となっている。総督はフランシスコ・タ・ロアッソ。

メリケニア唯一帝国
世界の手中に収める超巨大帝国。世界に「メリケニアの正義」を流布するが、その実、欲望と拝金主義が支配する悪魔の帝国。しかし腐敗が進みすぎたことで帝国崩壊の危機にあり、かつてのような圧倒的な影響力にも衰えが見える。元首は唯一絶対皇帝オーバーマー。

チューカー帝国
大陸に広がる巨大帝国。参謀術数に長け、諜報、工作、謀略などの特務には絶大な力を持つ。巨大な人口を有し、近年目覚ましい経済発展を遂げ、衰退するメリケニア帝国から覇権を奪おうとしている。コーライン皇太子を人質にしている。国家元首は皇帝フーティーン。


ブログランキング・にほんブログ村へ
【メルマガ購読】
秋月便り
 

0 件のコメント: