2009年5月10日日曜日

プロパガンダの系譜 エドワード・バーネイズ


プロパガンダの父である・エドワード・バーネイズは、
1891年、ユダヤ人の両親のもと、ウィーンに生まれた。
父は精神分析学の始祖フロイトの妻マルタの弟エリィ、
母はフロイトの妹アンナで、彼はフロイトの甥である。
フロイトの娘で心理学者のアンナ・フロイトとは別人。
1892年、彼の家族はアメリカニューヨークに移住した。
1912年、コーネル大学を卒業後ジャーナリストとなる。
1938年、フロイト家はナチスから逃れロンドンに亡命。
彼はタヴィストッククリニックのすぐ近くに居住した。
同所は精神分析や心理学研究の世界的な総本山となる。
第二次大戦直後1946年、ロックフェラー財団によって、
同所内にタヴィストック人間関係研究所が設立された。
バーネイズは米国でのフロイト理論の普及に尽力した。
叔父であるフロイトの無意識理論を群集心理に適応し、
効果的に消費者の心理に訴える宣伝手法を打ち出した。
彼は顧客の要望に応え宣伝を用いて利益をもたらした。
その顧客の一つであったのがアメリカそのものである。
彼の宣伝才能は反共産主義プロパガンダに発揮された。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【メルマガ購読】
秋月便り
 

0 件のコメント: