2009年4月23日木曜日

自転車の愉しみ 3

小径車,ミニベロ

 ベロ(velo)とはフランス語で自転車のこと。ミニベロは小さな自転車をさします。タイヤの径は20インチとか16インチとか。こぎ出しが軽く、前後長が短くて、取り回しやすいことや、可愛らしく気軽に乗れるため街乗りに使う人が増えています。中には本格的なフレーム設計と多段変速装置とで、ロードバイク顔負けの性能を持つものもあります。

 

折り畳み自転車,フォールディングバイク

 小径でも折りたためるタイプのものはフォールディングと呼ばれます。折りたたみ自転車ですね。折りたためるといっても重量は10kg以上あるので(最軽量のものは6.5kgというのもありますが)、実際には折りたたんで持ち運ぶことはあまりなく、専有面積が小さくなるので収納の重宝します。このフォールディングバイクにはいくつか有名なブランドがあって、それぞれに熱心なマニアが存在します。

 

クルーザーバイク,ビーチクルーザー

 ビーチクルーザーは砂浜など海岸付近で使用される自転車で、アメリカ西海岸でサーフボードを脇に抱えて乗るようなイメージです。そのためか、タイヤは砂にめり込まないような太いバルーンタイヤで、ブレーキはペダルを逆回転すると制動のかかる「コースターブレーキ」であることが本来です。日本でもアメリカンテイストのお気楽なユルさが受けています。

 

リカンベント

 寝そべり気味の低い着座姿勢で、脚を前に投げ出すような格好でこぐのがリカンベントです。低く空気抵抗が少ないことや、腰を支えてペダルを踏むことで力を伝えやすいことから、相当な速度を出すことに有利です。人力による速度記録にチャレンジする場合などに使われたりします。奇異な感じからなかなか敷居が高いため、決して多いとはいえませんが、グイグイ加速する速度感から愛好している人もいます。

 それよりはやや寝そべり感が弱く、多少はフツーっぽさのある「セミリカンベント」というのもあります。

電動アシスト自転車

 脱石油時代ということを考えると、荷物の運搬や登坂性能の点で電動アシスト付き自転車も注目されます。日本は結構坂が多いですからね。電動アシスト付き自転車は、リチウム電池の導入などによって、登場した頃に比べて重量は軽くなり、走行距離は長くなり、充電時間は短くなり、価格も下がってきました。ものを運ぶことを考えると、三輪タイプや、電動アシスト自転車にリアカーをつけて、なんてのも有望な気がします。

 

ベロタクシー

 その電動アシストが利用されているのが、「ベロタクシー」です。いってみれば人力車の自転車版。ヨーロッパが本場ですが、日本のいくつかの都市でも導入されているようです。もしかしたら近未来の都市型交通の中心になるかもしれませんよ。

自転車の動向

 自転車が盛んなのはヨーロッパですね。趣味やレジャーとして様々な自転車が愉しまれていますし、有名な大会は大きな注目を集める一大イベントになっています。ヨーロッパ製の高級バイクは日本のファンにとっても憧れの的です。生産となると台湾が世界の自転車の生産基地になっています。この自転車部品の中で大きな信頼を勝ち得ているのが、日本の「SHIMANO」ですね。

自転車の愉しみ

 いかがでしょう、自転車。雨の日は大変ですが、晴れた日の風を切って走る爽快感は多くの人が体験していることでしょう。メカニカルなところが結構理系の人にも好まれている所以のように思います。パーツを交換して自分好みに仕上げる人や、ツーリングをして自然や仲間との交流を楽しむ人、競技に出場する人など日常の足としてだけではなくさまざまな楽しみがあります。

 自転車も良いことばかりではなくて、不法駐車や放置自転車、盗難、事故、歩道の暴走などの迷惑行為といった問題もあります。これはユーザーはじめみんなの意識がなにより大切です。お互いに気持ちよく共存できるよう、心遣いをもって楽しみたいですね。

 お天気の日にはおにぎりやサンドウィッチを持って、自転車でお出かけなんていかがですか。

(画像は全てWikipediaから引用)

【メルマガ購読】

秋月便り

0 件のコメント: