2008年11月17日月曜日

架空通貨


 地域通貨とは、「法定通貨ではないが、ある目的や地域のコミュニティー内などで、法定貨幣と同等の価値あるいは全く異なる価値があるものとして発行され使用される貨幣(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)」です。今日の日本で暮らす私たちは「円」という単位の通貨で生活しています。複数の通貨単位があってそれが共存している世界にあまり馴染みがありません。しかしそれは現代の日本で暮らす私たちにとって馴染みがないというだけであって、複数の通貨で暮らすことは別に珍しいことではないのです。

 通貨は所詮、交換を仲立ちする、人の間の取り決めです。私たちの財布に入っている紙や金属は、その取り決めの印(シンボル)であって、価値そのものではありません。お金は実体のないもの、「無」です。本来、交換は当人同士が信用に基づき納得すればそれで事足ります。

 私は「労働」というものを提供します。相手は「米」というものを提供します。互いに等価と納得いくところで交換します。ところが、私が今すぐには「労働」を提供できない場合、後でそれを提供しますという「約束」で、相手の「米」をもらい受けます。その約束の印に「券」を発行します。私はその「券」分だけ架空のマイナスになっていますが、それと等価の「米」を得ます。相手はその「券」分だけ架空のプラスとなりますが、それと等価の「米」を失います。相手が私を信用し、私が相手の信用に応えて、後にその「券」分の「労働」を返せば、それで交換は完了です。中央銀行券はいりません。母の日に「肩たたき券」をプレゼントするのは、未来の労働の贈与です。この約束に信用があれば「券」すら発行する必要はありません。口約束で十分です。「武士に二言はない」というヤツですね。武士は一度口にしたことは必ず守る、という信用あってのことです。ここでは「券」という言葉をあえて使いましたが、これは約束手形と似ていますね。

手形の由来

戦国時代は「手形」(てぎょう)と云い、合戦の際、敵方に殺されそうになった武者が、命乞いの為に紙または布に自らの掌に血を付けて押し当て手形を作成し、後日お金を渡す証としてそれを相手に渡した。助けた相手は合戦が終わった後にその手形を持ってそれを発行した武者のもとへ赴き約束のお金を貰った。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 しかし、私がその約束を破って「労働」を返さず逃げてしまったらどうでしょう。私は「券」分の米を余計に得て、相手はそれと同じ「米」を損します。私は「略奪」し、相手は「搾取」されました。これではうかうか交換できません。そこで、その「券」に信用の裏付けがあって、他でも交換できるというほうが良いということになります。その「券」を交換所に持って行けば金に替えてもらえるという裏付けがあれば相手が「労働」を払わずに逃げても関係ない。というか、別に「労働」での返済を必要としません。互いに信用を他所に置いて、信用できる「券」を共通の交換媒体にすればよいということです。それが銀行券ですね。銀行券に互いの信用を託しているということです。ところが銀行同士で銀行券が異なれば、そのやり取りが面倒です。統一した銀行券があれば事はより便利です。そこでいろんな銀行に銀行券を貸し付けるのが中央銀行です。
 
 通常、中央銀行は一つの通貨に対して一つ存在し、この通貨量を調整する権限を持っています。そのため大きな影響力があります。つい最近まで世界の決済通貨はドルだったので、ドルを発行しているところが一番エライということになっていました。中央銀行が一手に通貨の発行を仕切っているので、その通貨は信用がある、ということになっています(一応)。どんなに似ていてもニセ札は信用されません。私たちは、一つのところが出している唯一のものということに信用を置いて交換しているわけです。信用をお任せしているので、中央銀行券に依存しているということもできます。

 ここで疑問が生じます。信用がおけるのなら、なにも中央銀行の券でなくてもいいんじゃないか。もちろんそうです。それに中央銀行券が信用できるというのも怪しいものですから。実際、中央銀行券の信用がなくなって当てにならなくなったことは古今東西多々あります。ちなみに中央銀行券が信用ならなくなった時、交換の仲立ちとして役立ったのが地域通貨です。さて、それじゃぁ、どうして中央銀行券がこれほど重宝されているのか。それは都合がいいからです。交換するほうにとっても、発行するほうにとっても。交換するほうの都合とは便利がいいということです。発行するほうの都合とは、銀行の儲けのことです。

 銀行券ではなく、交換の媒体となるものがあれば、銀行券の都合に左右されずに交換ができます。ではどんな方法があるでしょうか。一つには「信頼」です。約束は絶対遂行する社会的価値観を共有している社会であれば、信用だけで交換が可能です。これだととってもローコストだし。民度が高いと言うことはそれだけで省エネですね。そうあったらいいだろうとは思いますが、記憶違いや勘違いなどということは発生するものだし、悪意のある人がいない世の中を待望するほど私は楽観的ではないので、現実的には難しいのでないでしょうか。
 
 「券」を発行するのではなく、券を発行したとみなして、その出入りを記録しておくというのはどうでしょう。貸し借りを互いに帳簿に付けておくわけです。これは各月締めで請求支払をしている人ならお馴染みですね。また銀行振込もそうです。物のやりとりをするたびに現金書留で送金しているわけではありません。通帳から引いた、通帳に足した。そのやりとりだけです。それを信頼する第三者、つまり銀行に委ねているわけです。信頼できる出し入れの記録だけなら、もしかして銀行っていらないんじゃないの?
 
 では、こういうのはどうでしょう。私は自分を登録してサイバー空間に通帳を開きます。私は「架空の価値」を提供します。相手は「米」というものを提供します。自分の通帳から相手の「米」と等価な分の「架空の価値」が減じたと記録され、相手の「米」をもらい受けます。相手の通帳にはそれと等価の「架空の価値」が加えられたと記録され、それと等価の「米」を譲ります。互いにそのサイバー空間の通帳記録に信用を置き、交換は成立します。中央銀行券はいりません。では、相手が「米」を送らず逃げてしまったらどうでしょう。サイバー空間の私の通帳には「米」と等価の「架空の価値」が減じていることが記録され、相手の通帳には「米」に等価の「架空の価値」が加わったことが記録されています。これを申し立てれば、相手のインチキは明白です。インチキをした相手はそのサイバー空間から閉め出されます。

 最初に私の通帳にあった「架空の価値」はどこから来たのでしょう? 一番最初は「労働」の約束のもとにもらいました。あるいは親からの「贈与」もあります。現実世界の通貨を両替したものもあります。とにかくそうやって最初の「架空の価値」はできました。あとは「架空の価値」のやりとりの中で、少しずつプールしたものです。そうやって出し入れしているものですから、そんなにプールしておくこともありませんが。


0 件のコメント: